AironWorks Cyber Tokyo 2022

イベント内容

◆はじめに

この度、AironWorksでは初となるオフラインイベント「AironWorks Cyber Tokyo 2022」を開催する運びとなりました。
今回のカンファレンスではサイバーセキュリティに関する最新の情報を交え、DX時代に必要不可欠なセキュリティ対策について、イスラエル国防軍 Unit8200(※)出身のハッカーも登壇しお話いたします。
昨今急増するフィッシング被害でセキュリティ対策がより重要視される中、組織のセキュリティリテラシー向上に繋がる手掛かりが得られること間違いなしのカンファレンスとなっています。

 

また、参加されるみなさまが親交を深めていただけるよう、ライトニングトークやディナーネットワーキングの場を設け、軽食やお飲み物もご用意しておりますので、情報交換の機会として是非ご活用くださいませ。
先着100名様限定のカンファレンスとなりますので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください。

 

※Unit8200:イスラエル国防軍におけるサイバー攻撃・防御の超精鋭部隊で、アメリカのNSAと並んで世界最高のハッキング技術を持つと言われています。

 

◆イベントスケジュール

17:30 – 18:00 開場・受付開始
18:00 – 18:10 AironWorks Keynote 「イスラエル – 日本のコラボレーションで世界を変える」
18:10 – 18:25 最新のサイバーセキュリティ調査発表
18:25 – 18:40 新機能・研究開発プランの発表
18:40 – 18:50 ゲスト参加型ライトニングトーク
19:00 – 20:00 ディナーネットワーキング

 

◆参加方法

本イベントページからご応募ください。
※参加締切は12月14日(水)17:00です。

 

◆参加費

無料

こんな方におすすめ

  • 世界最先端のテクノロジーやイノベーションに関心がある
  • マンネリ化するセキュリティ訓練に課題を感じている
  • 組織を変え成果に繋がるセキュリティ訓練の進め方を知りたい
  • 各企業で実践されている具体的なセキュリティ対策や事例に興味がある

登壇者紹介

  • Co-Founder and CEO/寺田 彼日

    AironWorks

    京都大学在学中にSloganの京都支社起ち上げ、トルコKoç Universityへの研究者派遣留学を経て、Benesse Corporationにてデジタルマーケティング及び社内新規事業に携わる。2014年イスラエルに渡りAniwoを創業。日本 – イスラエル間のオープンイノベーション推進、イノベーション人材の育成・採用サービス運営を行う。2021年サイバーセキュリティ領域に特化したプラットフォームを開発・提供するAironWorksを創業。京都大学経営管理大学院修了(MBA)、大阪大学経済学部卒。

  • Co-Founder and CTO/Gonen Krak

    AironWorks

    イスラエル国防軍のエリートインテリジェンス部隊Unit8200にて、様々なサーバーセキュリティや数学的知識を要する業務に従事。サイバーセキュリティチームを率いて、Unit8200研修生の教育訓練にも従事。テルアビブ大学にてコンピュータサイエンスの修士号取得。アルゴリズム設計、機械学習、AIといった幅広い知識を有する。

  • VP R&D/Jacob Zhitomirsky

    AironWorks

    イスラエル国防軍のエリートインテリジェンス部隊Unit8200にて、長年ハッキングおよびシステム開発に従事。高水準言語、低水準言語、OS、ネットワークなど、幅広いスキルを有する。アルゴリズム設計やコンピューテーショナルな課題解決が好きで、プロジェクトオイラーシリーズのファンでもあり、これまでに何百もの課題を解決。

  • Analyst/浅井 正史

    AironWorks

    2014年に新卒で総務省に入省。以降、情報通信政策・経済政策(郵政民営化の推進、情報通信分野における規制改革、経済・財政分析及び市場参加者との対話等)を中心に公共政策の企画・立案に従事。国家公務員在職中は、内閣官房や財務省への出向のほか、英国への留学を経験。2022年9月より現職。慶應義塾大学商学部、東京大学大学院(経済学修士)、ブリストル大学卒 (コンピュータサイエンス優等修士)。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(データサイエンス・機械学習修士)在籍中。

イベント詳細

2024/02/29 02:14

東京都港区虎ノ門4丁目1−1 神谷町トラストタワー23階

無料

※注意事項

  • タイムスケジュールは目安となります。スケジュールは状況によって前後する可能性もございます。
  • ご参加の方はマスクの着用、および感染防止にご協力をお願いいたします。